技術案内

技術にこだわり、高品質を貫く。

CVDコーティング

CVDは「教科書の存在しない」技術。 経験に裏打ちされた自信が、品質の差となって表れます。

基材表面に数ミクロンのチタン膜をコーティングし、耐摩擦性能を向上させるCVDコーティング。製品の品質と精度に大きく影響を及ぼす製膜技術が要求される、極めて重要な工程です。 当社では、長年にわたる試行錯誤と経験の蓄積により、絶妙の製膜コントロール技術により、他社にマネのできない精度を実現しています。

CVDコーティングの特徴

CVDコーティングの特徴写真

電子顕微鏡による膜断面

CVDコーティングの特徴写真
膜種 CVD-FTC(TiC)
表面色 銀色
膜硬さ Hv 3,800
膜厚 2~4μm
耐熱温度 300℃
特徴 膜が非常に硬く、滑り性も良いので、冷間鍛造、板金プレス加工等、幅広く使用される。
CVDコーティングの特徴写真
膜種 CVD-FTW(TiC+TiN)
表面色 金色
膜硬さ Hv 2,400
膜厚 2~4μm
耐熱温度 500℃
特徴 TiC+TiNの2層膜で、膜靭性は高く、耐熱性がFTCより高いため、高温になる金型に向いている。一般的にステンレスのプレス加工に適している。