技術案内

技術にこだわり、高品質を貫く。

FUPC処理

密着性と熱歪み、二つの難問を同時に解決した、 フジタ技研独自開発の次世代コーティング技術。

CVD処理とPVD処理の弱点を解消し、コーティングの常識を変えたフジタ技研のオリジナル技術「FUPC処理」。
自社開発の処理装置による独自のプロセスにより、CVD処理特有の熱歪みにともなう寸法変化を極力抑制し、同時にPVD処理では不可能だった強力な密着性を実現しています。

Ver.2によるFUPC処理写真

Ver.2によるFUPC処理

Ver.1によるFUPCプラズマ放電写真

Ver.1によるFUPCプラズマ放電

FUPC(TiN)コーティング写真
膜種 FUPC-TiN
膜硬さ Hv 2,000
膜厚 2~4μm
耐熱温度 500℃
特徴 高い靭性

刃物、機械部品、プレス金型、鍛造金型など、幅広い用途に使用されます。
靭性が高いため、汎用に使用できます。
FUPC(TiCN)コーティング写真
膜種 FUPC-TiCN
膜硬さ Hv 2,500
膜厚 2~4μm
耐熱温度 400℃
特徴 耐摩耗性と滑り性

プレス金型、鍛造金型に幅広く使用されます。
TiNに比べて耐摩耗性が高く、カーボンによる滑り性があります。
FUPC(TiN)コーティング写真
膜種 FUPC-TiAlN Type 2
膜硬さ Hv 2,800
膜厚 2~4μm
耐熱温度 850~900℃
特徴 靭性と耐摩耗性を両立させた高機能汎用コーティング

強据え込み、深穴加工といった加工率の高い加工や、油の潤滑・冷却効果の低い加工など、 過酷な環境下で使用される金型の耐摩耗に効果を発揮します。
FUPC(TiCN)コーティング写真
膜種 FUPC-TiAlN F3
膜硬さ Hv 3,200
膜厚 2~4μm
耐熱温度 900℃
特徴 靭性を重視した高硬度コーティング

”FUPC-TiAlN Type 2”に相当する靭性と、さらなる耐摩耗性を加えたコーティングです。
母材は、超硬・ハイス鋼に適しています。
FUPC(TiN)コーティング写真
膜種 FUPC-CrCN
膜硬さ Hv 2,800
膜厚 2~4μm
耐熱温度 400℃
特徴 滑り性が高く、かじりや凝着を抑制する

FTCに次いで高い滑り性を有するコーティング膜です。ステンレス鋼(特にオーステナイト系)に対して低い摩擦係数を示します。
ステンレス鋼、Ni基合金などの難加工材に対する凝着やかじりを抑制します。
FUPC(TiN)コーティング写真
膜種 FUPC-DLC
膜硬さ Hv 4,500
膜厚 1μm以下
耐熱温度 500℃
特徴 滑り性が非常に高く、かじりや凝着を抑制する

高硬度の水素フリーDLCコーティング膜です。アルミニウム合金に対して無潤滑でも低い摩擦係数 を示します。セラミックス膜が苦手とするアルミニウム合金、メッキ鋼板などの凝着しやすい 材料に有効です。